5 LOG

Gruntfile.jsのタスクを記述する際に load-grunt-tasks プラグインが地味に便利

image

load-grunt-tasks

Gruntfile.js に、Gruntプラグインをロードする為に

grunt.loadNpmTasks('プラグイン名');
を書くのですが、プラグインが多かったり、変更したりすると書き忘れたりする事があったのですが、「load-grunt-tasks」プラグインを入れておくと、
require('load-grunt-tasks')(grunt);
を書いておけば、自動でタスクをロードしてくれます。

load-grunt-tasks

「load-grunt-tasks」をインストールすると

$ npm install --save-dev load-grunt-tasks
/*
これはいらない
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-watch');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-compass');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-uglify');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-jshint');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-imagemin');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-connect');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-copy');
grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-clean');
*/

// これだけでOK
require('load-grunt-tasks')(grunt);