5 LOG

node.jsをインストール nodebrewを使って管理する

image

nodebrew とは

node.js のバージョン管理コマンド

node.jsが入っているか確認。

$ node

nodebrewをインストール

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

PATHを通す

========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

インストールすると上記のメッセージが出るので、PATHを通す。
PATHを通すについてちゃんと調べてまとめておいた。

PATHを通すとは?

.bash_profile に環境変数 PATH を設定

$ sudo vi .bash_profile

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

.bash_profile をリロードして、nodebrewコマンドが動くか確認

$ source ~/.bash_profile
$ nodebrew help

node.jsのインストール

最新バージョンを調べて、コンパイル済みのバイナリからインストール

$ nodebrew ls-remote
nodebrew install-binary v0.11.10

必要なバージョンがあれば、同様にインストール

ちなみに、nodebrewに書いてあるように、通常のinstallコマンドでもインストール出来るが、めっちゃ時間がかかるので、バイナリ使った方が良い。

参考:nodebrewでバイナリからインストールできるようにした

インストールしたバージョンの一覧の確認は

$ nodebrew ls

使用したいnode.jsのバージョンをセット

$ nodebrew use v0.11.10

参考

https://github.com/hokaccha/nodebrew
http://qiita.com/sinmetal/items/154e81823f386279b33c