5 LOG

MacでPATHを通す(ユーザー単位 or 全ユーザー)

image

PATHを通すとは

PATHを通すとは、Macに実行ファイルの場所を教えてあげる事。 コマンドを実行するためにPATHを通す。

PATHの設定ファイル

ユーザー単位でPATHを通すには、~/.bash_profile に設定。
(「~/」 はユーザーのホームディレクトリ)
全ユーザーでPATHを通すには、/etc/paths に設定。

基本的には、~/.bash_profileに環境変数を設定した方が良い。

PATHの確認

$ echo $PATH
/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/git/bin

「:」は区切り
上記では、現状

  • /usr/bin
  • /bin
  • /usr/sbin
  • /sbin
  • /usr/local/bin
  • /usr/local/git/bin

にPATHが通っています。

PATHの設定

.bash_profile に環境変数 PATH を設定
.bash_profile が無い場合は、新規に作る。

$ sudo vi .bash_profile

.bash_profile に下記を記入
(例えば、$HOME/.nodebrew/current/bin のパスを通す場合)

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

現状のパスに、$HOME/.nodebrew/current/bin を追加(「$PATH」は現状のパス)

.bash_profile を読み直して確認

$ source ~/.bash_profile
$ echo $PATH
/Users/xxx/.nodebrew/current/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/git/bin

参考

http://pocketstudio.jp/linux/?%A5%D1%A5%B9%28PATH%29%A4%CE%B3%CE%C7%A7%A4%C8%C0%DF%C4%EA%CA%FD%CB%A1%A4%CF%A1%A9